月別: 2018年1月

パート看護師だって予防接種代はツライよ・・・

わたしはさいたま市浦和の小児科クリニックで看護師として働いています。
つい先月、子供も保育園に入れるようになったため、こちらを参考にして、パート看護師として復職することが出来ました。
⇒⇒⇒http://看護師求人さいたま市パート.com

子供の予防接種、基本的に無料で受けれるものばかりですが、一部は実費です。
我が子も2か月の頃任意のロタウイルスの予防接種を受けました。
5歳までにほとんどの子がかかる、予防接種をしていない場合重篤化する可能性があります。
なんて言われたら任意でも受けなきゃって気になります…。

病院によっては「実費です。」と伝えるだけで任意というのを説明しない所もあるそうです。
1本1万5千円するシロップを2回…合計3万円也。
痛い出費です。
子供が吐き出さないように甘い味付けにしてあるそうですが、やはり薬は薬。
そんなに美味しいものではないみたいです。
我が子は『なにこれ…』と言いたげに顔をしかめていました。
もう飲みたくないよ~と口を閉じるのですが、看護師さんはお構いなしに口に入れていくので最終的に泣いてしまいました。
それでも注射に比べたらすぐに泣き止むので、予防接種はすべて経口シロップにしてくれないかなぁと思ったり(笑)

子供にとって注射って恐怖でしかないと思うんですよ。
きっと子供の世界での大人って、優しい人が多いと思うんです。
その中で意図的に痛いことをしてくる先生は、子供の目にはどんな風に映るのでしょうか。

生後半年くらいから先生の顔を見ただけで泣いてしまうようになるらしいです。
我が子も5か月の予防接種から先生を覚えたらしく、診察室に入っただけで泣くようになってしまいました。
赤ちゃん時代は泣くだけだからまだ楽ですが、言葉を話したり動けるようになった子相手はもっと大変そうです。

走れるようになった子が診察室から逃げる場面をよく目にします。
今まで走れなかった子が病院で走り出した!なんて話も聞いた事があります。
病院内に響き渡るボリュームで「嘘つきーーー!痛くないって言ったーー!」と叫ぶ子や「先生嫌い!」とストレートに感情をぶつける子も。
親の身としては子供が泣いたりすると心が痛くなりますが病気予防の為に心を鬼にしなければなりません。
シロップだったら痛みを伴わないから親も子もお医者さんも楽になりそうなのになぁと思います。
けどこっそり吐き出しちゃう子もいるから確実に体に入る注射の方がいいのかな。
子供って結構ずるい事考えちゃったりしますもんね。